関節半月板損傷(半月板損傷)

 

 

こんな痛み・不調でお困りではありませんか?

  • 歩行時に痛みがある
  • 膝がカックンと折れる
  • 同じ姿勢からの一歩目が痛い
  • 就寝中寝がえりで痛む
  • 屈伸の途中でひっかかる。無理して曲げるとガックンといって曲がる。
  • 病院に行っても全然楽にならない!

この中で1つでも当てはまるものがあれば、当院にお任せください。
もう悩まなくて大丈夫ですよ。

 

専門家が当院を絶賛しています!

当店の施術が認められ、沢山のメディアから取り上げられています。


bc73bed6460a2a41d03db0255fb6e9d7-640x567

 

なぜ当院の施術はこんなにも半月板痛が改善されるのか?

他院でよくならない理由

もしあなたが、長い間このような悩みで半月板の痛みを感じられているのであれば、早期の改善が必要になってきます。

 

なぜなら半月板の痛みは、これ以上ひどくなると、変形性膝関節症や半月板断裂などとと言われる、変形や痛みを伴う症状に発展してしまう恐れがあるからです。

 

しかし、整形外科や整骨院などに一生懸命通われ、湿布やサポーター、自宅でのストレッチを頑張っていても膝痛が改善されないのであれば、半月板の痛みの根本的な原因にアプローチできていない可能性があります。

 

半月板の痛みは押して揉んでのような、表面的なアプローチで改善する事はほとんどと言っていいほどありません。

半月板の痛みの原因は体の表面的なところに問題があるのではなく、骨盤や深層筋(深い所の筋肉)、足首や腰・股関節などの関節のバランスの悪さが原因で膝痛になってしまいます。

 

人によって膝痛になっている原因は様々です。

骨盤(仙骨)の歪みが原因で膝痛になっている方もいらっしゃれば、歩き方や姿勢の問題で膝痛になってしまう方もいます。

基本的に体の歪みがなく正常であれば、筋力低下で半月板の痛みになることはありません。

症状の説明

半月板の痛みといっても人により症状は様々です。

あなたはどれが当てはまりますか?

 

・長い時間座って動き始めに痛い

・重たいものを持つと痛い

・歩くと痛い

・しゃがむと痛い

・寝ていても痛い

・階段が痛い

・正座ができない

 

などなど半月板の痛みの症状は本当に様々で原因も違います。

 

症状の強さも「少しの違和感」から「痛みで眠れない」「途中で目が覚めてしまう」まであるため、症状が進行するにつれて痛みが重篤になる可能性は十分にあるので、注意が必要です。

症状の原因

症状の原因を的確に見つけていきます。

 

見つけ方としては、

・頸椎の角度

・肩関節の内戦

・肩の高さの左右差

・腕の回内

・骨盤の高さ、開き具合、前後の傾き

・股関節の硬さ

・膝、足関節の角度

などがあります。

 

これらが原因となり、体の歪みを起こし、結果的に半月板の痛みを引き起こしています。上記もほとんどが日常生活での癖や動作から歪みが出ています。

 

病気やお怪我がきっかけになり歪みが生じることもありますが、それは少数です。

<体を歪めてしまいやすい日常生活での癖>

・よく片足重心で立っている骨盤が左右どちらかに傾いてします。

・いつも同じ足を組んでいる骨盤が片方後傾します。

・常に同じ体勢で寝ているいつも下になっている部分の筋肉の血流が悪くなります。

・運動不足全身の筋肉の血流が悪くなり固くなります。

・仕事などで座っている時間が長い股関節の筋肉が硬くなり縮こまります。

・猫背背中の筋肉は常に伸ばされた状態になりますし、お腹側の筋肉が縮こまってしまいます。両肩とも巻型になりますし、首もストレートネックになってしまいます。

体が歪んでしまうと前後左右で縮む筋肉、伸ばされる筋肉が出てしまいます。

その結果、体の中心部である骨盤(仙骨)に対して引っ張る力が働き、結果として膝にまで痛みが現れます。

 

以上の項目が当てはまれば、今は自覚症状がなくても、半月板の痛みが出る可能性があるので注意が必要です。

当院での改善方法

当院では半月板の痛みになっている根本的な原因を見極めて施術に入ります。

足の動き、骨盤(仙骨)や股関節の動きが正常な動きになっているかどうかをしっかりと検査し、最終的に骨盤の歪み、そして深層筋の緊張が起こっていないかの検査をしていきます。

そうすることで人それぞれの膝痛になっている原因を探すことができ、膝痛に対して的確なアプローチができていくのです。

 

骨盤(仙骨)の歪みが原因の半月板の痛みに対しては、骨盤(仙骨)を歪ませてしまっている関節をゆっくりと矯正していきながら、一つ一つの関節を丁寧に整えていきます。

バキバキとするような強制ではないので、女性の方やお子さんでも安心して受けることのできる施術になっています。

 

筋肉の緩み方もぐいぐい押して強い刺激ではなく深層筋にゆっくりとアプローチしていく方法で緩めていきますので、施術中に寝られる方もいるほどです。

半月板の痛みは強い刺激を与えてしまうと逆に周囲の筋肉が緊張してしまい、骨盤(仙骨)が大きくずれてしまったり、筋肉を傷つけてしまうことがありますので、その方に合った施術を行わ行わなければなりません。

 

日本人の膝痛の多くの人が半月板の損傷による痛みを持っていると言われていますが、しっかりと原因を見つけ出し、的確にアプローチをしていけば、半月板の痛みを改善する事は決して難しいことではありません。

もしあなたが現在半月板の痛みで悩まれているのであれば、まずは当院にご相談ください。

 

あなたの半月板の痛みになっている原因を見つけ出し、改善に導くお手伝いをさせていただきます。

 

半月板が無くても四国お遍路行けました。
Nさん(79歳女性)
★来院に至るまでの経緯辛さなどエピソードを交えて教えてください.
小脳変性症のみでさらに半月板を痛め生活の質が一段と悪化しました。
ネットで半月板に精通し膝専門の先生の存在を知りとても嬉しく思いました

★当院の施術の良さはなんですか?
安心してお任せできること
手技の高さ
適格性総合的な指導力

★当院に来て良かったと思った時はどんな時ですか?
1日ごと解放に向かっていくことが感じられます。

★同じ症状で悩んでいる方や励ましの言葉をお願いします。
体の不具合があったらかけこむことのできる場所・先生です。半月板がなくなっても先生のおかげで、3ヶ月で四国の巡礼に無事に出かけてきました。
※あくまでも結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
膝を曲げる時の「ガックン」という音がなくなりました。
半月板がささくれて、膝を曲げると「ガックン」と激しいを音がして痛みもありました。また正座も出来ませんでしたが、今ではしっかりできます。1年ほどかかりました。
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
寝ているだけで痛かった膝が・・・
" "

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

また山に登りたい!
"/ "

※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

では、なぜ他院で改善しなかった関節半月板損傷が当店で改善したのか?

 

 

当店の施術の考えは、「再発しない体づくり」を目指して施術を行っています。

よくある施術は、痛み止めを飲む、湿布を張る、痛み止め注射をする、痛いところに電気をかける、マッサージをするなどでしょうか。

 

当店では痛いところの施術よりも体全体のバランスを重視しています。

特に骨盤の中央にある仙骨の働きに重きを置いています。

「半月板損傷と仙骨なんてかんけいないんじゃない」て思いますよね。

本当は、かなりかかわっているんですよ。

 

人間のバランスをとるセンサーは視覚、聴覚、小脳、脊髄にあります。

仙骨は脊髄の延長線上にあり、体の真ん中にある人間のバランスを取るセンサーとなっています。

ではなぜ仙骨が原因で、身体のバランスを崩してしまうのか?

大きな特徴としては、仙骨の前傾があげられます。

 

仙骨が前傾になってしまうと、骨盤全体は前傾になってしまうので、いわゆる反り腰になってします。

 

 

この反り腰になってしまいますと、

その周りにある筋肉や靭帯が歪んで、すごく硬い状態【過緊張】になります。

そこが元になって腹部の深い部分の腹筋や背中や肩など他の筋肉も引っ張って痛みが出てしまいます。

 

また、仙骨に穴があってそこから神経が出て、頭の方や足の方への、神経伝達の要の部分になっています。

 

実際の施術でのバランスチェックの際、片足立ちで片足立ちの方と逆の肩を押すと、ほぼ皆さん立っていられません。

(右足で立てば、左肩を下方に押す)

 

しかし、仙骨に施術をすると、

片足立ちをして押しても、びくともしなくなります。

 

 

これは仙骨が歪むことにより、仙骨から足につながっている、神経の電動路が接続不良を起こしていて、力が入らない状態になっているのです。

 

もしその力が入らない状態で歩行や運動をしていると、膝が正常な動きが出来なくなり、膝にストレスがかかり半月板の故障が生まれるのです。

 

ですので、この仙骨の歪みを解消していかないと、筋肉的にも神経的にも身体のバランスが取れないので、様々な痛みが解消しないのです。

 

 またこの仙骨のバランスが崩れると、いつも体中が緊張所状態になります。そうなってくると大変なことが起こります。

人間は寝ているときに治す反応が起きるのですが、まったくと言っていいほど治す反応がおきなくなってきます。

 

寝れば翌日には体のバランスもとれて、半月板への負担が改善しているはずなのに、改善しないままです。 それを繰り返し繰り返し行っていくことで、半月板への負担がどんどん大きくなって、半月板が傷ついてくるです。

 

当店では仙骨(骨盤の中央にある)の調整身体のバランス調整患部への施術セルフケアの筋トレをしっかりとやることで改善していくのです。

どんな動きをすると半月板損傷になるの?

日ごろの悪い姿勢や癖(足を組んだり、片側で荷物を持つなど)が原因で、
いつも悪い刺激が入ってしまい、仙骨がどの状態が正常な位置なのかがわからなくなってきます。

すると、その状態でバランスをとろうとするので、ある筋肉は異常に緊張してきたり、ある筋肉は異常に弛緩してきたりします。

 

特に腸腰筋(お腹の深いところにある筋肉)が弱ってしまうため、股関節が内側に回旋して、さらに内転筋が弱っているため、内側ハムストリングが過緊張して、脛骨(スネのこと)が内側に入ってしまい、ニーイン(膝が内側に入ること)になってしまうのです。

更に足部の過回内がおこってくるとバランスをとるために、足部がトゥーアウト(つま先が外を向く)になります。

 

こんな動作をしていくと、太ももの骨(大腿骨)とひざ下の骨(脛骨)捻じれる運動がおこって、膝の半月板が損傷してくるのです。

(足首がこんな形のかたは要注意です。)

 

ですので、

仙骨(骨盤の中央にあります)のバランスをとることと、これらの筋肉を鍛えていくことで、膝の半月板の痛みをが改善してくのです。

 

【自宅でのセルフケアの方法】

もぞもぞ体操が、おすすめです。

これは腸骨と仙骨のつなぎ目の関節に、刺激を入れています。

ここの関節が硬すぎるのも、一つの仙骨前傾の要因になってきますので、まずはここをしっかり調整していきましょう。

さらにこのもぞもぞ体操は、よく眠れるようになったり、疲れがよく取れるようになったり、頭痛などにも効果がありますので、ぜひやってみてくださいね。

--

<関節半月板損傷>

関節半月板とは、みなさんがよく言う半月板のことを言います。場所は膝関節の中にある、繊維状の軟骨です。 役割としては、大腿骨(膝の上の骨)の下面は少し凹んでいます。脛骨(膝の下の骨)は平らですので、その凹みを埋めるように半月板はあります。

 

また関節の動きがなめらかになるようにもしていますし、半月板はクッションのような役割もしています。

 

内側はC字型、外側はO字型。 損傷の仕方としては、膝を軽度屈曲した際に少し遊びができます。そこで急激に回旋動作などが加わると損傷してしまいます。 バスケットやバレーボール、スキー、サッカーなどでの損傷が多いです。

 

また平泳ぎや陸上競技の跳躍競技などでも起こります。 損傷部位にもよりますが、血管入っているところが損傷すると出血して腫れ上がってきます。

 

また経年劣化で、表面が毛羽立ってくることでも痛みが出てきます。 半月板が欠けたりすれば、欠けたものが関節に挟まりロッキングを起こし、曲げ伸ばしが困難な状態になります。

半月板痛

関節面がけばけばで、表面が凸凹になっている場合、亀裂が入っている場合、頻繁にロッキングしてしまう場合は、手術などが必要だと考えられます。

 

ただ、たとえそのような状態だったとしても、痛みがどの程度あり、日常生活に支障があるかどうかで手術を回避できるのではないでしょうか。

 

当店のクライアントで、下記のような方がいらしています。 状態としては半月板の水平断裂。整形外科では『完治しない。』と言われている方でしたが、短い距離10km程度なら痛みなくランニングができるまで改善している方もいらしています。

 

 

ローカルマラソンですが、痛みを感じずに完走できました。
dIMG_0838-1IMG_0987
みのるさん(超早期回復整体)(半月板水平断裂後遺症)
・どうやって痛めましたか?→2006年マラソンの練習をしているときに左ひざが痛くなりました。整形外科にいき半月板の損傷は一生治らないと言われ、絶望的な気持ちになりました。しかし我慢しながら練習を続けているうちに右膝も痛くなりました。2012年でした。
・自宅でケアしてみましたか?それで良くなりましたか?→専門のリハビリにも通いましたが的はずれな施術で全く改善しませんでした。
・何故ここを選んだのですか?→6つ目の病院なの「ここでだめならもう諦めよう」と思っていました。しかし施術のおかげで、膝の安定を8年ぶりに感じています。
・来てとよかったと思った時は?→ローカルマラソンですが、痛みを感じずに完走できました。
・同じようなケガで苦しんでいる人に何かアドバイスを!→諦めないで頑張りましょう。
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
以前と同じように8kmはしれます!・・・
精査の結果両膝の半月板に損傷がありましたが、今では痛みなく走れます。
通院期間は半年です。
※あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

他院とはどこが違う?皆さんに喜ばれる当院の6つのメリット

メリット1
「しっかりとしたカウンセリングで、本当の痛み原因を追及」


簡単な問診で施術に入ったりされる病院や整骨院もありますが、当院では痛みが起こっている状態、症状、日常生活状況、過去の怪我や手術などについての確認など、根本的な原因を探ります。

そしてこれらから、何のためにどのような施術をしていくか説明してから施術に入っていきます。

メリット2
「地域最高水準の施術技術」

定期的に様々な施術の勉強をしています。
その方にあった、常に最高の施術を提供しております。

メリット3
「足の施術の専門家」


ニュージーランドの足病医の知識を使い、下肢の障害を得意として施術を行っています。足の裏から膝・股関節・腰まで専門的な知識で施術をしていくので改善が早いと喜ばれています。

メリット4
「優しい先生で多くの方々に支持をいただいております。」


中学校高等学校の保健体育の免許を持っています。
ですので子供からお年寄りまで、またアスリートの気持ちを理解し、適切な指導ができるので、大変皆さんに喜ばれています。

メリット5
「自分で自分の体を改善出来るようになる」


もし自分で、自分の体の自分の歪みを取れるようになったら嬉しくはありませんか?
全身のバランスを整えるためには必要最低限の体操をやる必要があります。

たった14個、14個だけ覚えていただければ自分で自分の体のバランスが取れるようになり、自分で自分の体を治せるようになってきます。当院では80代のおじいちゃんおばあちゃんもしっかり行っています。

そして元気に過ごしています。自分で自分の体を改善させることができれば、通院頻度も少なくなり、もっともっといろんなところに出かけられるようになるんじゃないでしょうか?

 

また運動選手は怪我をすると、パフォーマンスが下ってしまうと思っていませんか?そんなことはありませんよ。

14個の体操をしっかり行っていただければ、怪我をする前よりパフォーマンスが上がります。
そんな状態一緒に目指していきましょう。

メリット6
「平日土曜日も夜21時まで受け付けています。」


仕事が忙しかったりお子さんがいて難しい、そのような土曜日にしか通えない方にも土曜日も深夜21時まで営業しております。

あなたが施術に必要なのは施術技術はもちろんですが、通いやすいと言うのも、大きく占めているのではないでしょうか?

そのために深夜21時まで受付させていただいております。

 

 

特徴|川崎市中原区の膝専門整体院【M.A.K.鍼灸整骨院】

 

M.A.K.鍼灸整骨院で症状改善が可能な3つの特徴

 

1.検査をしっかりと行います。

人それそれ歪み方や痛みの原因が異なります。

そこをしっかりと見つけて、施術方針を決めて、そして施術に入っていきます。

 

 

2.仙骨の歪み整えます

下肢の筋力が落ちる原因の一つに仙骨の歪み(骨盤前傾、反り腰)があります。

そこにしっかりとアプローチをしていきますので、結果が早く出ます。

 

 

3.自宅でのセルフケアや加圧トレーニングを併用することで、改善が早い。

加圧トレーニングは施術に取り入れることで、何倍ものスピードで改善していきます。

 

まず当院の施術の考え方の説明をします。

問診票に沿ってじっくりとお話を聞きます。

次に検査をします。

検査結果のお話をしてから、施術になります。

 

施術後、自宅でのセルフケアの説明

次回ご予約とお会計

お大事にどうぞ~

・要因(半月板に影響を与えるもの)

1つ目の要因:運動不足

運動不足などにより内側ハムストリングや腸腰筋が弱ってくる。

特に下記のような方がなりやすいです。

  • デスクワークのみの仕事
  • 駅までバスか自転車。ほとんど歩かないなど
  • 週末はいつも家でゴロゴロ
運動のしすぎ:ハードな練習を若い頃からやっていると、半月板の摩耗が激しく起きてきます。20代で痛みだす方もいます。
 

2つ目の要因:体重増加

体重増加に伴い、膝への回旋力が強まり、加速度的に半月板の摩耗が早まります。

●半月板損傷が治りずらいのか?その理由。

半月板損傷が治りずらい方の理由
過回内
過回内とは体重をかけて立位時に足首内側に倒れてしまう状態です。
この状態になってしまうと、膝関節で下腿が外反、大腿骨が内旋方向に常にストレスをかけているため半月板の炎症が起きやすい状態といえます。
一時的に関節面を整えても、荷重時に過回内になっていれば膝関節に常に捻転力が加わり、再び痛みが起こり再発してしまうのです。
もし立位時に過回内でなくても、歩行中やランニング中に過回内なっていれば、再発してしまいます。

 

どうすればいいの?
過回内
施術で関節のアライメントを正常にして、インソールを作るのが完治を目指すために必須アイテムとなります。
当店ではニュージーランドの足病医(足専門のドクターが処方する)が処方する強制力が嫌いメディカル用のインソールをご提案させていただいています。


当店でお勧めのインソールは、スポーツ用とメディカル用がありますが、より強制力の強い、より完治を早めてくれるメディカル用をご提案しています。(詳細は来店時にご説明いたします。)

 

川崎市 下肢運動障害、特に膝痛の施術ならM.A.K.(エムエイケイ)鍼灸整骨院

7万人を超える膝痛の治療を行って、

98%を改善させた

M.A.K.鍼灸整骨院 院長 増田一三

 

世界陸上出場選手や実業団。また多くの膝痛の方が県外からも治療に訪れる膝痛専門のプロフェッショナル。

 

どこに行っても改善しなかったマラソンなどのスポーツで痛めた膝を一回で痛みがない状態に持っていき、パフォーマンスを引き出すなど、スポーツ界からも厚い信頼を得ている。

 

その他、階段が登れないほどの日常の生活で支障が出てしまう慢性的な膝痛の患者様も、わずか数回の治療で完治させている。

 

さらに、全国のスポーツや健康雑誌などのマスメディアに掲載されるなど、同じ業界の治療家からも注目されている。

 

推薦者からの声

「パーフェクト整体」は、片平先生が25年で5万人を超える方々の臨床経験から開発した頭から手足の末端までしっかり改善できる整体技術です。
現在は「パーフェクト整体」を少人数制の塾形式で詳しく伝授しています。 そんな片平先生に推薦をいただきました。

こんにちは片平悦子と申します。 増田先生は、片平が開催した塾の第9期生として受講されました。 増田先生は、自己紹介で足専門の施術をしている(膝専門)とおっしゃっておられました。
マラソンはどうしてもヒザや足首、股関節などに無理がかかるので、ランナーの皆さんの力になりたいどんな足の状態も改善してあげたい!
悩めるランナーさんのために施術を通して力になりたい! 増田先生のアツい想い、素晴らしいですね。
走り込んで負荷がかかって痛んだ膝や足はしっかり解剖学に則って施術をする必要があります。
その方法をマスターされた増田先生はアスリートの皆さんににとっては心強い味方だと思います。
特に、膝の施術が得意とのことですので足にトラブルを抱えておられるアスリートさんは是非一度施術を受けられることをお勧めします。
プロの治療家を指導する立場から見えてくるのは、臨床で成功している先生に共通するのは3つ
①「思いやりの心がある」
②「治療への情熱が高い」
③「志・夢が明確」
増田先生はこの3つを兼ね備えたすばらしい先生です。 塾が終了しても定期的に個人レッスンを受講され技術に益々磨きをかけておられます。 同じ膝の痛みと言っても100人100様です。 ヒザのどこがどのように痛いかで施術法は全く変わります。
向上心をもって常に努力しておられる増田先生は本当に立派です。
自信をもって増田先生を推薦いたします。
縁あって増田先生に出会えた方は、本当にラッキーで幸せですよ。

一野 恭範 先生 
(東福山整骨院 代表)

増田先生は私が、一野式筋肉骨調整方法のセミナーを開催するかどうかと考えていたところ、突然メールが来ました。

「セミナーはやらないのですか?」と言うメッセージでした。

「一人でも多くの患者さんを出来るだけ早く改善したいので一野式を学びたい」と言うあついメッセージでした。

 

この先生はとても患者さん思いで、勉強熱心だなぁと言う印象を受けました。

セミナーをすると告知したすると、すぐに申し込みがありました。

セミナー時でもたくさん質問をされ、とにかく自分のクライアントのことを考えるとても勉強熱心な先生だということがわかりました。

 

もし神奈川県川崎市で様々な症状に苦しんでいる方がいらっしゃいましたら、是非増田先生のところに行ってみるといいと思います。

どんな症状でも、決して諦めることなく、誠心誠意あなたのために一生懸命施術をしてくれるからです。

清水 剛 先生 
(広島県しみず鍼灸接骨院院長)

広島でしみず鍼灸接骨院院長をしております、清水剛と申します。

増田先生とは、当時勤めていた整骨院で一緒に仕事をしてから、20年のお付き合いをさせて頂いております。

 

増田先生は、とても面倒見がいい方で、後輩の私にもたくさんアドバイスを頂きました。

仕事が終わった後に、新城高校の陸上部の子達がたくさん来て、一緒にトレーニングをしたのもいい思い出です。

 

今でも現役のアスリートで陸上チームは結成して30年目になるそうです。

増田先生との出会いがなければ、私の治療家人生も変わっていたと思います。

現在も色々と相談に乗って頂いています。

 

先生は、特に陸上競技が専門で下肢運動障害の施術が得意なので、走っていて、痛みが引かない、もっと早く走りたい等、お困りの方は、ご相談されると、豊富な経験から必要な施術、アドバイスを頂けると思います。

 

 

 

【多くの書籍雑誌で紹介される川崎市でも指折りの整骨院です】

 

 

追伸

いいのはわかったけど、予約どうしようかな~と思っていませんか? 膝の痛み・足の痛み・不調というものは、時間がたてばたつほど治りにくくなってしまいます。
M.A.K.(エムエイケイ)鍼灸整院には、さまざまな施術を受けて、なかなか良くならない「痛み・不調」でお困りの方が多くいらっしゃいます。
なぜなら、【膝の痛み・足の不調】を専門としているお店は、川崎では当店だけだからです。
膝・足の専門家として、あなたが再び元気に歩いたり、走ったりできるように、全力で施術していきますので、一緒に頑張っていきましょう!
その痛み、不調、あきらめなくても大丈夫。
きっと良くなります。
あなたのご来院を、心よりお待ちしております。IMG_0809-2.JPG

LINEからご予約できます。

14344697_1180894275266413_8175949292651321765_n

      M.A.K.鍼灸整骨院LINEのQRコードはこちらです。

上記がつながらない場合は、LINEの検索で
M.A.K.鍼灸整骨院か@caw4179jで検索してみてください。

ご予約はLINEから

      1. 希望日時
      2. お名前
      3. お困りの症状
      4. ご質問があれば聞いて下さい

を明記のうえご連絡ください。折り返しお返事させていただきます。

またお問い合わせは、お問い合わせ内容だけ記入していただければOKです。 折り返しお返事させていただきます。

M.A.K.(エムエイケイ)鍼灸整骨院 ご案内

〒211-0042 神奈川県川崎市中原区下新城3-15-8

JR南武線武蔵新城駅/武蔵中原駅

JR南武線武蔵新城駅/武蔵中原駅より徒歩12分。 岩川バス停より徒歩2分。 (武蔵小杉・武蔵中原・武蔵新城駅・鷺沼駅などからバスが多数出ていて、以外に近いですよ。目印は回転寿司の銚子丸・ミニストップです。当店は並びにあります。) 大きな地図で見る
お問い合わせご予約

044-752-0013

受付時間

受付時間:9:00~深夜21:00

営業時間
9:00~深夜21:00

※水・日・祝祭日はお休み

※(△)月・木は13:00〜深夜21:00まで



問い合わせは044-752-0013
営業時間
9:00~深夜21:00

※水・日・祝祭日はお休み

※(△)月・木は13:00〜深夜21:00まで

044-752-0013